ホーム>板金修理以来の多い箇所ランキング

板金修理以来の多い箇所ランキング

板金修理依頼の多い箇所ランキング

ここでは、板金修理依頼の多い個所をランキング形式でドドーンと発表しちゃいます。
1度でもやっちゃた方も、まだ未経験のアナタも、きっと「うわーあるある」と思われるはず。
それではcheck it out!

第1位 左後ろ リア

コンビニや店舗などからの出る時に、右から来る自動車に気をとられガリッとやってしまうパターンですね。その他にも、狭い住宅街なので左折する時に右フロントに気をとられてガリガリとやってしまうパターンが多いようです。
キズの付き具合は、こすれてしまうので引っかきキズみたいに横に長い線が何本も・・・
左サイドミラーにも注意して左折をしましょう。曲がりきるまでが左折です。

第2位 リアの追突 後ろから当たられる(もらい事故)

えっ?これが2位なのと思うかもしれませんが、これが2位なのです。
高速道路なので事故も多いですが、少し坂道になっている信号機手前でも多いんです。赤信号なのでパーキングだけにして後部座席に置いた荷物を取ろうとして前の車にゴツンとやる方も多いんです。
赤信号で荷物を探るときはハンドブレーキもしっかりと引いてくださいね。相手の車をへこましてしまうと保険やらなんやらで高く付きますからね。

第3位 フロントバンパー

もらい事故の追突が2位なので、当てる側の方もランキングに入ってきます。
その他にも駐車場なので、縁石にゴツッと当ててへこましてしまう方も多いですね。
前はラジエーターとか積んでいるので、修理しとかないと車が不調が出る恐れがあります。まぁ過失なので、保険料が上がるのは誰でも嫌やですよね?
そんな人にはリサイクル部品で安く修理もできますので、ご相談くださいませ。

第4位 バックでリアバンパーやリアドアをドンっと

この事例が1位だと思った方も多いはず。実は4位だったんです・・・
確かに最近の車はバックモニターが当たり前。年々減ってきている修理依頼です。駐車場なので駐車する時はバックモニターに頼らず愛車の大きさをしっかりと理解して駐車してくださいね。駐車以外にも、お店から道路に出る時に少し出すぎたと思い後方も確認もせずにバックをすると後ろの車にゴツンとやってしまう方も多いです。バックモニターも便利でいいですが、バックする時はちゃんと後方確認しましょう。
 

第5位 左フロントバンパー、フェンダー

このキズも良く見ますよね。対向車なので「あっやってるな」みたいな。
左フロントにかかわらず、高速道路の出口なのでスピードのですぎで左右の壁にガリガリっとやってしまいキズをつかる方が多いです。特にフェンダーに大きなへこみなどがあると大変危険、大きな事故にもつながりますのですぐに(さくらモーターズで)修理をすることをお勧めします。

このようにドドーンと5位まで発表してきましたが、愛車をキズつけたりへこましてしまった時は、すぐに修理をするのが1番。
ちょっとしたスリ傷だからといって、放って置くとそこからサビてしまって余計に目立っちゃたり、へこんだ部分をそのままにしとくのはカッコ悪いですし車にもかわいそうです。1番いいのは事故をしないように安全運転で確認をおこたらない事ですが、やっぱり車に事故は付き物なんですよね。そんな時に為に僕達、板金屋がいます。西宮、神戸でのキズ・へこみは桜板金、桜板金までご相談ください。

ページ上部へ